コンテンツ

ちょっとマニア向け?ゴールデンジャック30

珍しくサミーから発売された沖スロ

パチスロのゴールデンジャック30はサミーから2000年2月に4号機5ラインAタイプとして開発され販売していました。

30ということでサミーのメーカーとしては珍しく30パイコインの沖スロ仕様としてだされたパチスロ機で、ボーナス当選時は7図柄の塊りを狙うだけで簡単にボーナスも目押しする事ができた。

沖スロはどこのメーカーが出してもシンプルで分かりやすい、楽しみやすい機種なんだなと思わせた機種でもあります。

液晶なども搭載されておらず、ビッグとレギュラーボーナスのみというオーソドックスな仕様でしたがまたちょっと他のメーカーから発売している30パイ機とは違うような印象をうけた台でもあります。

派手なボーナス図柄などでキャラクターなども一切使っておらず、小役図柄などもかなりシンプルに作られています。

しかし当時の沖スロといえば裏モノ化されているパチンコホールが多く、おそらくこのゴールデンジャック30もそういう方向性で作られたかと思う程シンプルでした。

また当時このパチスロゴールデンジャック30という機種はパチンコホールで見かけた事がかなり少なく、この機種が設置されているホール自体もおそらく少なかったのかと思います。

サミーの機種の中でもある意味レアな感じのする機種といってもいいかもしれないですね。

おすすめリンク